内視鏡検査

1.上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査)

上部内視鏡検査は、食道、胃、十二指腸を観察する検査です。3種類の方法が可能です。

経口内視鏡検査

標準的な通常の検査で、咽頭麻酔後に口から挿入する方法です。付属機能で拡大観察したり、画像強調観察することができ、最良の観察が可能です。生検(組織をとる検査)はもちろん、ポリペクトミー(ポリープ切除術)が可能です。

標準的な通常の検査で、咽頭麻酔後に口から挿入する方法です。
付属機能で拡大観察したり、画像強調観察することができ、最良の観察が可能です。生検(組織をとる検査)はもちろん、ポリペクトミー(ポリープ切除術)が可能です。

経鼻内視鏡検査

細い内視鏡を用い鼻から挿入します。経口内視鏡より楽に感じる患者さんが多いです。鼻に麻酔をして、鼻、のどを観察し、その後経口内視鏡と同様に食道、胃、十二指腸を観察します。通常の観察には十分です。

細い内視鏡を用い鼻から挿入します。
経口内視鏡より楽に感じる患者さんが多いです。
鼻に麻酔をして、鼻、のどを観察し、その後経口内視鏡と同様に食道、胃、十二指腸を観察します。
通常の観察には十分です。

麻酔下内視鏡検査

経口内視鏡や経鼻内視鏡が苦手な方は、静脈麻酔して内視鏡を受けることができます。
緊張をとるため麻酔し、安静状態で検査を受け、気がつけば検査が終わっています。
この検査の場合、検査終了後麻酔が醒めるまで2~3時間程度休んでいただきます。また、車の運転は避けていただきます。

2.大腸内視鏡検査

肛門から内視鏡を挿入し、大腸全体を観察する検査です。
大腸がんや潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患の診断、あるいは便潜血陽性の原因検査のために行われます。
上部内視鏡検査と同様に、意識下での通常検査と麻酔下内視鏡検査の2種類の方法があります。

通常内視鏡検査

標準的な検査で、付属機能で拡大観察したり画像強調観察をすることができ、最良の観察が可能です。
生検(組織をとる検査)はもちろん、ポリペクトミー(ポリープ切除術)が可能です。

麻酔下内視鏡検査

静脈麻酔して内視鏡を受けることができます。
緊張をとるため麻酔し、安静状態で検査を受け、気がつけば検査が終わっています。
この検査の場合、検査終了後麻酔が醒めるまで2~3時間程度休んでいただきます。また、車の運転は避けていただきます。

CT検査

コンピュータ断層撮影(CT)は、頭部、頚部、胸部、腹部など体のあらゆる部位の検査が可能です。 当院のCTは平成26年1月に更新した最新の16列マルチスライスCTで、短時間での検査が可能です。 当院では、造影CT(造影剤を用いた検査)で詳細な画像を用いて診断します。◆疾患◆[table id=2 /]

コンピュータ断層撮影(CT)は、頭部、頚部、胸部、腹部など体のあらゆる部位の検査が可能です。
当院のCTは平成26年1月に更新した最新の16列マルチスライスCTで、短時間での検査が可能です。
当院では、造影CT(造影剤を用いた検査)で詳細な画像を用いて診断します。

◆疾患◆

頭部脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、脳萎縮(認知症)など
頚部甲状腺、リンパ節腫大など
胸部肺癌、肺結核、肺気腫、肺炎、縦隔腫瘍など
腹部肝臓がん、胆のうがん、膵臓がん、腎がん、子宮がん、卵巣がん、胆石症、脂肪肝、慢性膵炎、虫垂炎、腎結石、腹部大動脈瘤、虚血性腸炎など

骨密度

骨粗鬆症の診断と治療効果をみるために、骨密度検査が必要です。当院では手のレントゲンを撮り、中手骨の骨密度を測定します。検査は簡単で、予約も必要ありません。現在の骨密度、同年代との比較、若い年代との比較で骨密度を評価し、症状や脊椎の評価をして治療方針を決定します。治療開始後は他の因子と合わせて治療効果を判定します。

骨粗鬆症の診断と治療効果をみるために、骨密度検査が必要です。
当院では手のレントゲンを撮り、中手骨の骨密度を測定します。検査は簡単で、予約も必要ありません。
現在の骨密度、同年代との比較、若い年代との比較で骨密度を評価し、症状や脊椎の評価をして治療方針を決定します。
治療開始後は他の因子と合わせて治療効果を判定します。

その他の検査

超音波検査

プローブ(探触子)といわれる器機を当ててみる簡単な検査です。◆腹部◆ [消化器系]…肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、虫垂など 疾患名>各種がん、胆石、脂肪肝、慢性膵炎、虫垂炎など[泌尿器系]…腎臓、膀胱、前立腺など 疾患名>がん、前立腺肥大、尿管結石[婦人科系]…子宮、卵巣などの疾患を腹部からみます。[腹部]…腹部大動脈瘤は簡便に診断が可能です。◆頚部◆ [甲状腺疾患] 甲状腺は腫瘍の多い部位で、かなりの頻度で甲状腺腫瘍(良性、悪性)が見つかります。

プローブ(探触子)といわれる器機を当ててみる簡単な検査です。

◆腹部◆
[消化器系]…肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、虫垂など
疾患名>各種がん、胆石、脂肪肝、慢性膵炎、虫垂炎など

[泌尿器系]…腎臓、膀胱、前立腺など
疾患名>がん、前立腺肥大、尿管結石

[婦人科系]…子宮、卵巣などの疾患を腹部からみます。

[腹部]…腹部大動脈瘤は簡便に診断が可能です。

◆頚部◆
[甲状腺疾患]
甲状腺は腫瘍の多い部位で、かなりの頻度で甲状腺腫瘍(良性、悪性)が見つかります。

超音波にて頸動脈の走行を観察し、内膜と中膜の厚さを測定して動脈硬化の程度を判定します。全身の血管の一部を代表して動脈硬化が判定できる簡便な方法です。

[頸動脈エコー(動脈硬化判定)]

超音波にて頸動脈の走行を観察し、内膜と中膜の厚さを測定して動脈硬化の程度を判定します。全身の血管の一部を代表して動脈硬化が判定できる簡便な方法です。

胃透視

バリウムによる食道、胃、十二指腸の観察を行います。盛岡市検診の胃がん検診も行います。

注腸透視

バリウムによる大腸の透視検査です。通常は内視鏡検査ですが、術前検査などで行います。

レントゲン検査

胸部、腹部、腰部など必要な部位のレントゲン検査です。

心電図

通常の心電図検査です。不整脈、狭心症など発見します。

24時間心電図(ホルター心電図)

通常の心電図は短時間の結果ですが、時々出る不整脈や狭心症の所見を見つけたり、胸部症状の原因をつきとめるための検査です。
体に小さな器機をつけて24時間後に外して評価します。

呼吸機能検査

肺活量や一秒率など詳細に呼吸機能を検査します。COPD(肺気腫など)などの診断を行います。